インフルエンザ
インフルエンザ,発症周囲の人・自分が感染したら

発症

インフルエンザを発症した時のサイン・周りと自分が発症に気付いたら

インフルエンザ

頭痛インフルエンザは風邪と類似している点があるため、症状が出ても「いつもの風邪」だと油断して気付くことができない場合があります。そういった時に、いかに周囲で指摘してあげることができるかが重要になってきます。

症状からインフルエンザであると分かるのは、それほど難しいことではありません。自分も含めて早く感染に気付くことで、完治への長さも違ってくるのでウイルス感染に敏感となれるようにしましょう。

ウイルスの侵入を察知するには、静かに広がる感染包囲網

疲労一目で分かる外傷と違ってウイルスにより、内部から発症していく病は感染したという自覚が中々できずに病の治療が遅れることが多いです。
徐々に症状が悪化していくのであれば自分でも異変に気付いて病院に向かうことが出来るのですが、中には風邪と同じような症状レベルで終わってしまい、ウイルスが体内に残っていても外出して周囲に拡散してしまうこともあるそうです。
さらにインフルエンザに現在使われている治療薬は、発症から48時間以上経過すると薬の効果が薄れてしまうものしかないので、素早く判断しておきたい所です。
このようなことから、身体の異変からインフルエンザだと素早く判断することができる観察眼が必要になってきますね。

この病は周囲の人が感染しているのに気付くことができる場合や、自分が周囲から指摘されるまで気付かない場合があります。その違いについて説明していきたいと思います。

周りでインフルエンザが発生したら、伝えることの重要性

ウイルスの感染拡大を防ぐためにも、自分の周囲にいる人が何やら体調を崩しているようであれば、その異変を知らせてあげることが大事です。相手が自分自身に起きている体調の異変を感じ取ることができていなくても、こちらが気付いていれば病の早期治療を行なうことができます。
咳やくしゃみが出ている時点では、まだ風邪なのかインフルエンザなのかは分かりません。下痢や嘔吐のような消化器系の悪化があるならば、風邪ではない可能性が高くなり、風邪であっても病院に向かう人が出てくると思います。そしてすぐに治まるような微熱ではない発熱が続き、全身の悪寒や倦怠感が一気に現れているのであればインフルエンザウイルスが身体中に蔓延していると考えていいでしょう。
成人や幼児以上の年齢になるとこのような症状が出やすいので、注意していれば気付くことができるはずです。

子供はウイルスに対する免疫の抵抗力が少なく、顔色や呼吸系統に大きく異変が現れやすいので、そのようなインフルエンザの症状が見られたら悪化して合併症を引き起こしてしまう前に病院へ連れて行くのがいいでしょう。

自分が知らないうちに感染していたら、周囲の忠告に耳を傾けて

逆に、自分がウイルスに感染していた場合にはどうでしょうか?発症し始めの軽い症状ではほとんどの人が風邪だと思い、病院にも行かずに多少の無茶をしてしまうことでしょう。
頭痛や筋肉痛のような間接の鈍い痛みが出始めた頃に、熱を測ってみると平熱を遥かに超えていて、そこでようやく病を発症したのだと気付かされます。自分でここまでくるには結構時間がかかってしまうので、なるべく早く自覚できるように自身の健康状態をチェックしておくのも一つの手です。

自分の中では風邪だと判断しても、周りがいつもと違う様子に心配している場合は、慢心せずに「何度も体温を計測する」「病院で診察してもらう」といった感じで病への疑いをかけておくべきでしょう。体調が優れない場合には、周りに助けを求めることも時には必要です。

インフルエンザ判明に大切なこと、病に負けない信頼

この病を発症した時には、周りの誰かが助けてくれるのであれば治療期間を短くすることも可能です。そのためには日頃から相手のことをよく見て、何かおかしい点が発生したら教え合う人が傍にいることが望ましいです。また、こちらも相手に感染の可能性について警告できる信頼関係にあることも重要となることでしょう。

家族であれ友人であれ、いつも困った時に支えあう人が身近にいれば、病というものはすぐに消え去っていくことでしょう。

【インフルエンザのしおり】コンテンツ分類
  • 【ウイルス発生の原因・病を見極める】症状の特徴・見分け方・感染力の違い
  • 【正しい知識でしっかりとした対策を】発症を防ぐための予防方法・ワクチンなどの予防接種について
  • 【感染してからも焦らずに治療を】感染後の治療方法や使用する薬の効き目などについて
  • 【周囲の人・自分が感染したら】身の回りで感染拡大を防止するための対処方法について
【インフルエンザのしおり】コンテンツメニュー
  • 【判断】見分けるポイントと病院での診断
  • 【予防接種】万全の対策の一つ
注目記事(インフルエンザのしおり)ランキング