インフルエンザ
インフルエンザ,費用感染してからも焦らずに治療を

費用

インフルエンザにかかる費用について・料金比較と隔離の場合

インフルエンザ

費用ウイルスに感染した後の病を治療するための通院、処方される薬や場合によっては入院なんてこともあります。その際に支払う金額というものはどれくらい払わなければいけないのでしょうか?通常の怪我や病とは違って、感染力の高いウイルス性の病という点が一つのポイントとなってきます。

予防接種や薬等のインフルエンザにかかる金額というのは、払うまで意外と知らない人が多く、いざ会計になると高くて驚く人もいるかと思います。ここではそういった費用について解説していきます。

ウイルス対策のワクチンや薬の料金、病気はお金がかかる

料金どのような病も治療にはそれ相当のお金が必要となります。インフルエンザも症状が重くならなければ感染にだけ気をつければいいので、怖い病気ではないと思われています。今では診断自体は専用の器具が開発されたので、早く調べることができて費用もさほど高くありません。
しかし、インフルエンザは感染しているかどうか判明することが必ずできるわけではなく、感染していても検査でウイルスが見のがされてしまい、病を発症してしまう厄介なものなのです。そんな病に対抗すべく、強いワクチンや薬が作られていくため私達が支払う金額も高くなってしまうのです。

身体を蝕む病とそれにかかるお金のダブルパンチは強烈なものです。予防や治療を行なったら、結構な料金がかかってしまったと後から悩む前に事前に知っておいた方がいいでしょう。

ワクチン料金を知ろう、季節性・新型の予防接種

インフルエンザを未然に防ぐための免疫を付ける予防接種、予約をするだけで時期になると簡単に注射してくれます。

予防接種は平均的な料金として2~3000円を払わなければいけないのですが、これは「季節性」のインフルエンザワクチン料金で新型のウイルスは国ごとに接種料金が決まっています。日本の場合は一回につき3600円かかるので、免疫性を高めるために二回注射すると7200円となってしまいますが、同一の医療機関で接種するのであれば6150円といくらか費用が減額されます。

新型のワクチンが作られて、これからの予防接種はそちらの方を注射する人が多くなると予想されるので、季節性に向けたワクチンとの金額の違いを覚えておきたいですね。

治療薬の料金、貴重な良薬は高い

病の発症後に効果を発揮してくれる薬があります。それがタミフルとリレンザで、幻覚等の副作用による問題はありますが、インフルエンザウイルスに対して良く働いてくれます。

まずタミフルですが1度に処方される分はおよそ10錠で、健康保険にも対応しているので1100円くらいです。次にリレンザですが、タミフルよりも信頼されている薬だからと言っても値段の対比が大きいわけではなく、100~200円くらい金額が高い程度です。
新しく開発されたばかりの新薬のペラミビルは、市場に登場していないこともあって値段がまだよく分かっていません。
薬というのは流行具合に値段が左右されやすく、大量に作っていても市場に追い付かない時もあれ、用意して分より少数で足りてしまって余る場合もあります。

現在はタミフルが効かない新型に備えてリレンザがたくさん開発されていますが、タミフルの方も個人がこれからの感染流行に備えて大量に買い始めているそうで、どちらも数が不足してしまって値段が高騰するかもしれないので注意が必要です。

入院した場合の費用、隔離入院の場合は

病院に入院した場合は、食事や薬等の値段に加えて周囲への感染阻止を考えて個別を使うよう提案されることもあります。加入している保険によって入院費は前後するので、詳しい費用までは分かりませんが4日入院で10万円前後かかると言われています。

しかし新型のように、感染力が高いウイルスが流行しそうな時は国で感染阻止のために患者を隔離する場合に限って入院費用を免除するように決まっています。これは周囲の人がホテル等に隔離された場合も宿泊費が国側で支払います。患者以外で職場に行けなくなった時には、有給扱いになるのかならないのかはその職場次第ですので、調べておくか上司と話し合っておくとよいでしょう。

【インフルエンザのしおり】コンテンツ分類
  • 【ウイルス発生の原因・病を見極める】症状の特徴・見分け方・感染力の違い
  • 【正しい知識でしっかりとした対策を】発症を防ぐための予防方法・ワクチンなどの予防接種について
  • 【感染してからも焦らずに治療を】感染後の治療方法や使用する薬の効き目などについて
  • 【周囲の人・自分が感染したら】身の回りで感染拡大を防止するための対処方法について
【インフルエンザのしおり】コンテンツメニュー
  • 【判断】見分けるポイントと病院での診断
  • 【予防接種】万全の対策の一つ
注目記事(インフルエンザのしおり)ランキング