インフルエンザ
ウイルス発生の原因・病を見極める

ウイルス発生の原因・病を見極める

症状

【症状】体調の異変は感染の疑いあり

発症後に見られる症状で自身がウイルスに感染してしまったのかを確かめます。ここでは主に発症後によく見られるものをまとめました。

種類

【種類】A〜C型に分類される違いとは

この病は、絶えず型の変更を繰りかえしながら免疫への抵抗を付けています。種類ごとに違う特性を知っておきましょう。

発生原因

【発生原因】ウイルスはどこからくるのか

人に感染するウイルスは、動物を媒介に成長していきます。ここで取り扱うのは、保菌や感染する恐れがある動物についてです。

合併症

【合併症】インフルエンザ脳症について

インフルエンザは、時に様々な病を併発することがあります。特に子供が発症しやすい「インフルエンザ脳症」の危険性について解説します。

判断

【判断】見分けるポイントと病院での診断

感染力の高い病というものは、似ている症状が出るものがいくつかあります。一つの病にしぼるため、特に間違えやすいものをまとめました。

風邪

【風邪】症状の類似で勘違いしないように

インフルエンザに最も勘違いされやすい病です。それほど脅威ではないものですが、二つの違いをしっかりと覚えておきましょう。

SARS

【SARS】感染力の高さ、症状から見極めが難しい

一時期症状の類似性が問題となり、感染力の高さも話題となりました。症状の重さや見分け方を説明していきます。

流行

【流行】ウイルスが広まり始める時期に気をつける

秋の終わりから冬の間中にかけて大流行するインフルエンザ。その流行しやすい理由と簡単な対応策を取り上げています。